札幌南青洲病院 看護部

文字の大きさ変更

サイトマップ
0118830602

各部署紹介

各部署のご紹介

外来

外来
外来は、一般外来や専門外来のほか、各種検診や予防的診療も行っています。胃カメラなどの検査や訪問診療、夜間外来にも対応し、地域の方が安心して暮らすお手伝いをしています。 一番気をつけているのは、「患者様お一人おひとりに不安や疑問が残らないように、時間をかけてご説明・ご案内をさせていただくこと」です。そのために診察に一緒に来られているご家族や介護職員の方とのコミュニケーションを大事にしています。

2階病棟

2階病棟
2階病棟は、医療行為が中心の一般病棟と看護・介護が中心の療養病棟の2つの性質を併せ持つ病棟です。糖尿病をはじめとした消化器の検査・治療、透析の患者さま、全身管理を必要とされている患者さまなど、多方面にわたり看護・介護力を発揮しています。 スタッフは、ママさんナースが多い(中にはお孫さんがいる人も!)のが特徴です。職員同士の宴会はもちろん子連れOKなので、とてもにぎやかで楽しい会になります。 スタッフ間のコミュニケーションの良さが私たちの自慢です。病棟内はいつも明るい笑顔で満ち溢れています。 これからも笑顔と気配りを大切に、患者さまやご家族の皆さまにご満足していただける看護を目指して、皆で力を合わせて頑張っていきます。

3階病棟

3階病棟
3階病棟は、脳梗塞後遺症の意識障害、身体的障害の患者さまのほか、ホスピス病棟待機の方を含む緩和ケアの患者さまなど多様な患者さまに入院していただける一般病棟(一般・障がい者病棟)です。 患者さまとは家族的な関わりをもって、温かく、いつも笑顔で対応することを心掛けています。職員同士も風通しよく何でも話し合って問題解決する風土です。「ここに入院してよかった。」と思っていただけるよう、患者さまやご家族の皆さまのご満足につながるような看護・介護を展開することを目指します。

ホスピス(緩和ケア)病棟

ホスピス(緩和ケア)病棟
ホスピス(緩和ケア)病棟は、主にがんの痛みや、息苦しさ、食欲不振、吐き気などの症状を緩和し、ご家族も含めた支援をする病棟です。緩和ケア専門の医師や看護師、ケアワーカー、クラーク、医療ソーシャルワーカー(MSW)、薬剤師、リハビリスタッフ、栄養士、そしてボランティアによる多職種のチームによるアプローチで、患者さまやご家族の皆さまの様々な苦痛(痛みやその他の身体的な問題、そして心理社会的な問題も含めて。)を積極的に緩和しています。 患者さまやご家族の皆さまの声に耳を傾け、その方が日々大切にしている思いやお考えを尊重し、『かけがえのないひとり』として関わっています。 私たちの役割は、患者さまやご家族の皆さまの快適性を追求し、『その人らしく生きること、暮らすこと』を支援することです。

人工透析センター

人工透析センター
当院透析室は、ベッド数17床、血液透析のみ行っており、多人数用コンソール16台と個人用コンソール1台を備えております。安全で安心できる透析を行うことを目標に、患者さまとご家族の皆さまとの関わりを大切に、お一人おひとりに合った透析が行えるよう取り組んでいます。