札幌南青洲病院 看護部

文字の大きさ変更

サイトマップ
0118830602

アーカイブ一覧

2017年2月

平成29年度4月採用看護職員の募集は終了しました

平成29年度4月採用の看護師及び看護補助者の募集は終了いたしました。
中途採用または平成30年度採用募集に関しましては随時お知らせいたします。
お問い合わせは℡011-883-0602 (工藤)までご連絡ください。

お知らせ> | 更新日:2017-02-28

もうひとつのボランティア(職員編)

前回までボランティアグループせらの活動についてお話しましたが、今日はちょっと番外編を。
せらの活動が危うくなって、一番困ったのが「飾り付け」でした。
春夏秋冬、季節の行事などを題材にした飾り付けは、絵心とセンスが大事なのです。
これまでの作品を写真に撮って保存してくれているので、それを見ながら再現することは可能だ・・とは聞いていたのですが、見るのとやるのとでは大違い。実際私はやってみて自分がこのことにまったく向かないということを改めて発見しました。
万一できる人がいなかったら、困ったな・・と考えていたところ、救う神がいたのです・・職員の中に。

mナースは当院のホスピスの飾り付けを見て就職を決めたというくらい、飾り付けに思い入れがあって、イラストもとても上手な人。
飾り付けする人がいなくて困っていると話したところ「やってみたい」と言ってくれてスタートしました。これまでにない斬新な発想で、次々話題作を制作してくれました。
常に飾り付けのことが頭のどこかにあるので、街中のディスプレイなども参考にして歩いているそうです。

検査技師Tさんは独学で始めた切り絵が楽しくて、2Fの新館のコーナーをいつも飾ってくれています。
小さな先端のカッターを器用に用いて、美しい切り絵で物語の一シーンのような世界を制作しています。ひとつひとつがこまかく、よくできているのでじっくりみたくなります。
フエルトのリスちゃんとメジロちゃんが登場人物となり、見る人が自由に空想する楽しさがあります。

クラークSさんは手作り小物が上手で、まあるく、あったかく、ほのぼのした空間を作ってくれます。
人形の表情がにやにや、わくわくした感じでなんともユーモラス。人柄が出ています。

クラークSさんと協働しているのがSナース。ときどき、こんな独創的なことをしてくれます。
病院にお勤めの人はわかると思いますが、太巻きの中身は採血のスピッツ(試験管)!

さて、トリはこの方。Fさん。
仕事柄たくさんのコード類がお部屋にあると思われます。こういうセンス、大好きです。

職員の中に、こんなにセンスのある人が、そして技術のある人がいてほんとありがたいことです。
そしてそれぞれに楽しんで、主体的にしているってことが何よりうれしいことです。

ボランティアでも、仕事でも、自分のしたことで誰かが幸せを感じたり楽しい時間を過ごしてもらえるというのは、ヨロコビにつながります。「楽しい仕事は楽しごと」と誰かが言ってたっけ。

今日もこのブログをお読みいただきありがとうございます。
なされるべきことが、得意なことだと、その仕事は楽しい。

お知らせ, ボランティア> | 更新日:2017-02-27

病院内に社会の風が吹き抜ける~ボランティアせらの活動~(下)

本当は退職して悠々自適な生活&大好きなリフレクソロジーをする予定だった鈴木さん。
ボランティア・コーディネーターになってくれないかとお願いしたところ、快く引き受けてくれて勇気100倍になりました。

せらのコンセプトを明確にする

さっそく、せらのコンセプトを明確にするところから話し合いを始めました。

「ほっとできる場をつくる」ーうんうん
「いつでも誰でもが立ち寄れる場をつくる」-うんうん
「ホスピスだけじゃなくて、病院全体を活動の場にしよう。」
「定期的なミーティングをして」
「当面はお茶会と飾り付けの維持継続だけど、人数が増えたら活動範囲を広げて、いずれはコーディネーターをボランティアさんから立てられるといいね」
「5月に辞めることが決まっていたメンバーさんに、感謝の気持ちを表す会合を開こう」

感謝をちゃんと伝えよう

ということで感謝のつどいを企画。
職員からのメッセージを募り、それをメッセージツリーに張って贈ろうということになりましたがツリーの台紙、どうするの?ってことになって、なんとここで鈴木さんがイラストも上手だということが判明。わ~びっくり。いくつ才能持ってるんですか!

そうして長年頑張ってくださった皆様に感謝の気持ちを、お贈りしたのでした。

募集説明会から対話を深める

その後募集説明会を開いたり、人づてでnewメンバーが増えました。
説明会は少しずつバージョンアップし、最近は可能な限り理事長や院長にもお話しをしてもらっています。私たちの病院のありようと、ボランティアに関する考え方を聞いていただいたあと、実際に活動しているところを見ていただいてます。水曜日の午後のお茶会、そしてボランティア室での作業、飾り付けの様子など。そして茶話会を開き、なぜボランティア活動を始めようと思ったのか、どんなことが得意かについて詳しくお話を伺います。

その人の考え方・価値観が少しわかりますし、病院の求めている活動と同じ歩みができそうかをすり合わすことができます。お互いの考えを聞きあうことで、ボランティアさん同士が親しくなるのも早いような気がします。

最近のせら

だんだん人数が増えてきたので、最近は鈴木さんが活動メニューを作ってくれるようになりました。
メンバーはそれを見て次回は何をしようか、自分で選択することができます。鈴木さんは先々の行事も頭に入れながら、「そろそろクリスマスカードの準備」とか「車いすをピカピカにする日」とか楽しみながら続けられる工夫をしてくれています。

 

危機を乗り越えて

おかげさまでせらは存続の危機から1年が経過し、現在登録数は17名になりました。
活動の場所は一般病棟や透析室、花壇にもひろがりました。
なにより「ここへ来ると楽しい」と皆さんおっしゃってくださいます。
「私は冬の間は来れないからね」と言っていたHさんは、冬の間休まずタクシーで来て下さいます。
やりがいを持って通うHさんを見て、息子さんが「母さん、ボランティアに行くのに転んでけがしたら何にもならないからね、タクシー代は必要経費だよ」と言ってくれたそうなのです。そうまでして来て下さるHさんとその息子さんに、私は心の中で手を合わせています。

病院らしくない病院を作る、これが私たちの新病院コンセプトでもありますが、ボランティアさんが持ち込んでくれる社会の風が病院内を吹き抜けて、患者さんもご家族も職員もボランティアも、共に支え合いながら進んでいくことができたらいいなあと思っています。

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます。
手前味噌ですが私の撮った写真、なんとも温かい、いい笑顔だと思いませんか?

29年4月入職の看護補助者(常勤)1名募集

札幌南青洲病院では、29年4月1日採用の看護補助者(1名)を募集しています。

条件としては
*日勤・早出・遅出のシフト勤務ができる方
*仕事内容は病棟内の整理整頓・療養環境の整備・シーツ交換・入浴介助・移送・配膳下膳など
*明るく健康で高齢者と接するのが好きな方
*介護福祉士またはホームヘルパー資格ををお持ちの方

履歴書をご郵送ください。(2月23日まで必着)
〒004-0801 札幌市清田区里塚1条2丁目20-1
札幌南青洲病院 看護部 工藤宛
℡011-883-0602

お知らせ> | 更新日:2017-02-16

病院内に社会の風が吹き抜ける〜ボランティアせらの活動〜(上)

当院には「せら」という名前のボランティアグループが活動しています。

2003年に前野理事長(当時は院長)が緩和ケア病棟を開設し、その後せらが結成されました。せらという名前は、「ケ・セラ・セラ」のセラ、「セラピー」のセラ、そして「せせらぎ」のせらから由来しています。結成当初のお茶会には淀川キリスト教病院の柏木哲夫先生がお越し下さって、ずいぶん勇気づけられたと伺っています。
せらの活動は、緩和ケア病棟で開かれるお茶会や、イベントのお手伝い、季節の飾りつけ、縫い物など、現在に至るまで続いています。季節の飾りつけは、温かく全体のバランスも整ったアートとなっており、患者さんやご家族だけでなく職員も立ち止まって見入っています。

デイルームで毎週開かれるお茶会は、患者さんもご家族も楽しみにして下さっています。
フルートやピアノの生演奏を聴きながら、カフェのように好きな飲み物を注文できて、のんびり過ごすことができるのです。
医師や看護師らも同席して、楽しく語らいながらお茶を飲んでいると、病院にいることを忘れてしまいそうです。
ボランティアさんたちは、揃いのエプロンをつけ、注文を取りに来て、飲み物を作って優しい笑顔でテーブルに運んでくれます。


お部屋の入口には戸口飾りといって、手作りアクセサリーがぶら下がっています。
これらのことは、職員だけでは到底できることではありません。ボランティアさんたちが作り出す世界や空間は、社会の中で日常生活を送っていることを思い出させてくれるとともに、人の手のぬくもりややさしさが感じられて「ほっ」とするものです。

せら存続の危機

昨年私がこの病院に来た時、せらは存続の危機にありました。かつて10名以上いたメンバーは、年齢や体調、ご家族の介護など様々な事情で、7名ほどになっていました。そのうちお茶会に毎回来られる方は4名しかおらず、自分が休むと他の人が困るという理由で無理を押して来てくださっていました。来れるときに来て、楽しく活動するはずのボランティアがまるで義務のようになり、メンバーは皆疲れていました。5月までにさらに人数が減り、毎週行われていたお茶会の運営や季節の飾りつけが危うくなりました。

そこで、みなさんからいろいろお話を聞き、方向性を幹部で話し合いました。

病院側の対応にも反省すべきところが多々ありました。自律して活動しているせらの皆さんに頼り切って、コミュニケーションが不足していたのがその原因でした。
過去を省みて、これからのボランティア活動について、どんな方針をもって進めていくのか見直すチャンスでもありました。
せらの活動は、私たちの病院にとってなくてはならないものです。病気と闘う患者さんとご家族が、ほんのひとときでも病気を忘れ、社会の空気を感じることが、今を生きていく上でとても大事なことなのです。
ですから病院側とせらとの間をつなぎ、対話する仕組みをつくること、新たなメンバーを募集し、ゆとりを持って活動できるようにするのが急務でした。

ボランティア・コーディネーターの誕生

組織の基盤を作るためにコーディネーターという役割をもった人を作ることにしました。
病院のこともわかっていて、新たなボランティアさんたちに院内のことや活動を説明し、一緒に動いてくれる人。親切で明るく、楽しい人。ボランティアさん一人一人の得意なことを引き出して、活動に結び付けてくれる人。
こんな条件のそろった人、めったにいないものですが、幸運なことに私たちの仲間に、その人はいたのです。
その人、鈴木さんは仕事をしながら何年もかけて「英国式リフレクソロジー」を学び、自らボランティアとして活動しようとしていた人でした。
http://minamiseishu.com/nurse/voice/

(つづく)

「あなたはがんです」と診断を受けたら

病院のFBにもUPしたのですが、ちゃんとまとめておきたくなりました。
1月27日(金) 豊洲市場前に建つ マギーズ東京に行って来ました。

マギーズ東京という所、一言で説明すると、がんに関するあらゆる相談窓口です。

自分や家族ががんと診断を受けた時、誰しも頭が真っ白になり、治療法のこと、仕事のこと、家族のことなど様々な心配不安が沸き起こってきます。病気のことは医師や看護師に訊くことはできても、お金のことや家族のことなどは相談しにくいものだと思います。
看護師の私だって、そのときどんな反応をするか自分では予測がつきません。病気の知識があっても自分事となるときっと迷い悩むだろうと思うし、お金のことなどは、相談する相手をだれにしようか悩むだろうと思います。

家に帰って一人になった時に、様々な感情と共に疑問や不安が思い浮かぶ。その時に気軽に相談できる場所がないという発想で、マギーズは出来ました。

詳しくはhttp://maggiestokyo.org/

相談するのは患者本人でも家族でも友人でもいい。

相談を聴いてくれるのはがんの専門看護師や臨床心理士などの専門家。予約はないので待つこともあるけれど、待ち人同士がお互いの話をして、偶然同じ病気や似た体験をしたことから急速に親しくなることもあるそうです。正しい情報を取り入れるというだけではなく、気持ちを聞きあい心を穏やかにし、問題を整理して自分らしい意思決定を支援してくれる場所、そんな場所なのです。

相談するのは患者さんだけではなく、ご家族や友人ということもあり、その立場や病状の度合いは問いません。
いちばん身近な家族だからこそ、逆に言いにくい、話し合えないということもあります。直接治療に当たる医療者にはセカンドオピニオンを切り出しにくい、ということもあるでしょう。こんな時は、距離の遠い第三者が良い、という場合があります。

マグカップにたっぷりのお茶とお菓子をふるまわれて、テラスのベンチや室内のゆったりしたソファに座れば、くつろいだ気分でお話ができそうです。

建物は大きなガラス窓と木のぬくもりを感じる作りで、自然の光がたっぷり入って温かです。奥に広めのキッチンがあり、何か身体に良いものも作れそう。広めのベンチは小さな子供の遊び場にしたり、少し横になって休みたい方のベッドにもなります。

どの場所も、ちょっとした優しさが感じられます。そしてなんと相談は無料なのです。

夢を叶えるには・・・呟くんですよ(^_^)

創設者の秋山正子先生は全国に「暮らしの保健室」を作られて、地域の方々に健康に関する情報提供や相談業務を広めて来られました。
東京だけじゃなくて、全国にマギーズ・センターがあったらいいですよね。
本当は私たち医療者が日常的に相談業務にもっと時間をさければいいのだけど、もっと敷居が低くて、「こんなこと相談してもいいですか?」という言葉に「大丈夫!なんでも言ってみてください」と言える場所があればいいなあと思います。

マギーズを設立するのにも色々な困難があったのではないかと思いますが、「やろうと思ったら、黙ってたらダメ。呟くんですよ。」と茶目っ気たっぷりにおっしゃいました。想いをつぶやくことで誰かが応援してくれる、そして夢の実現に繋がると、私は受け取りました。

そして頭の中に新病院と共に、いろんなアイデアのタネがフワッと浮かびました。

がんの相談だけでなく、介護や認知症のご家族の相談、合間にマッサージやリフレクソロジーを受けられて、独り暮らしの高齢者の食堂を作って、ちょっとしたコミュニティになって、たまに音楽やアートのワークショップ・・・いつもの妄想ワールド・・(^_^)

帰りがけにもう一度、先生から「呟くんですよ。」とささやかれました。
これはもう、神の啓示に近いんじゃないかと思いますがどうでしょう?

今日もこのブログに来ていただきありがとうございます😊
やっぱり世のため人のため、愛ある活動はそれだけで応援したくなるものですね。