» 2015 » 2月のブログ記事

吹雪の中、無事帰宅

| その他 |

「あけましておめでとうございます」とこのブログに書いて、早1ヶ月が過ぎました。
う~ん、何と言うこと! このブログをときどきチェックして頂いている人には
大変申し訳ありません。

さて、この週末は東京で会議があり、病院の看護部長、事務長と一緒に横浜まで行って
きました。関東地方は風が少しあり、肌寒くはありましたが、いい天気でした。
今朝は、新横浜のホテルからきれいな朝日も見ることができたくらい快晴でした。
午前中は8時から会議。一応12時に終了予定で、それから空港に向かって15時の
飛行機で悠々と帰ってくる予定をしていました。
ところが、昨日から天気予報で千歳空港は午後から天気が下り坂。大荒れとなって
飛行機が飛ばなくなるかもという情報を事務長が聞きつけ、なるべく早い飛行機に
振り替えて札幌に戻りましょうということになり、11時30分には会議中にも
関わらず、そそくさと退席することになりました。
11時45分の羽田空港行きのバスに乗り、高速道路経由で空港には13時前に空港に
着きました。そして、13時50分発の千歳行きに変更しました。14時以降の便は
すべて天候調査になっており、13時50分の飛行機は確実に飛ぶことができると
予想されたからです。

お弁当とお土産を買って、ゲート内へ。搭乗ゲート前で搭乗のアナウンスがあるまで
待ちました。そして13時30分過ぎには搭乗を促すアナウンスが。いそいそと乗り込み
ました。
飛行機はエアドゥとの共同運航便。全日空の通常の飛行機に比べてちょっと小さめ。
満席かと思いましたが、隣の席が空いているくらい少し余裕がありました。

羽田はとてもいい天気の中、離陸。雲の上を気持ちよく飛行。これならば着陸も簡単かな
と思われましたが、やはり北海道が近づくと下には厚い雲が。
着陸15分前のアナウンスがあり、着陸態勢へ。徐々に高度を下げていくと雲の中へ。
そして着陸直前には雪が舞うのが窓の外から確認ができました。
無事着陸し、当直ゲートへ向かう飛行機は吹雪の中をゆっくりと走行。千歳空港に到着
しました。

帰りの高速道路は視界50メートルくらい。もういつ閉鎖してもおかしくないと思われ
ました。そうして無事札幌に帰ってきてほっとした一日でした。
予想外に早く家に着き、子供もびっくりしていました。