» 2014 » 1月のブログ記事

みなさん、こんにちは。今日のお知らせは、地下鉄の大谷地駅にできあがった看板の
ことです。先日完成しました。
地下鉄大谷地駅に入って、大通り方面に降りる階段から見えるのが当院の看板です。
先日、帰りに寄り道をして地下鉄を使いましたが、こんな風に見えます。
意外と大きいし、目立って、ちょっと嬉しかったです。雰囲気もいいですし。
当院へは大谷地バスターミナルから中央バス69番に乗って、約15分くらいです。
是非お立ち寄りを!(宣伝ですか?)

大谷地看板1

アップです。

大谷地看板2

昨日は大寒でした

| その他 |

札幌は、このところ最高気温が0℃以下の日が続いています。昨日は大寒(だいかん)。
日本ハムファイターズの陽岱鋼(ようだいかん)とはイントネーションが違いますね。

冗談はさておき、大寒は二十四節気の一つで、一年で最も寒い時期と言われています。札幌の
寒さも今年一番。今朝の最低気温は-11℃だったようです。出勤の車の外気温も-11℃
を示していました。寒かったですね。

少し早く出勤したので、院長室からこんな朝日が見えました。寒さを感じますか?

20140121朝日

お正月が明け、それぞれ仕事に戻り1週間が経ちました。みなさんはいかが
お過ごしでしょうか? 当院も1週間が過ぎ、ようやく病院らしくなってきました。
今日は、2週続けての土曜日の午前診です。そしてそのまま当直の予定です。
手帳を見て、去年のことを振り返ると、同じように2週目の土曜日に午前診と
当直をやっていますね。

今週は、1月9日の木曜日に札幌徳洲会病院の地域医療連携室からのお願いで
豊平区の創造学園での医療講演に行ってきました。札幌市の月寒公民館で
昭和51年から開催されている2年制の高齢者教室の一つだそうです。
普段はどうやったら健康になれるか、どうやったら早く病気を見つけられるか
という話が多いとは思うのですが、今回は私の専門である緩和ケアの立場から
のアプローチとして『最近のがんと緩和ケアについて』と『がんになったら
考えてほしいこと』の2つのテーマに関して約1時間ずつ話させていただきました。
がんという病気は珍しくなく、高齢になればなるほどなりやすくなること。
がんが見つかったときにどう関わっていくか。必ずしも治すことが目標では
なく、その病気とつきあっていくこと、もしくはどのように最後を見極めるか
などについて話させていただきました。
残りの人生についての少しでも手助けになればと思い、講演会を終えました。

新年明けましておめでとうございます。平成26年午年です。
元旦は、いつものように早く目が覚め(やはりもう年でしょうか?)、自宅から
初日の出を見ることが出来ました。札幌地方は天気が悪いと言われていましたが、
朝は雲が切れていたようで、うまく初日の出が見られ、写真にも撮りました。
今年も最初から縁起がいいと思いました。

今年はカレンダーが変則的なため、休みが長かった人が多いと思います。でも、
病院は患者さんも入院しているし、また病気になって困る人もいますから、当院では
4日から診療を開始しています。でも、今年は4日が土曜日なので、午前中までの
診療体制となっており、通常の診療が始まるのは、6日月曜日からとなっています。

初詣は行きましたか? 今年は私は元旦に家族で近くの神社に行ってきました。
元旦に初詣に行くのは久しぶりで、神社の混雑ぶりにびっくりしました。人混みを
避けるなら、別の日がやはりいいですね。

今年もよろしくお願いいたします。