» 2013 » 11月のブログ記事

秋晴れの東京に上記試験を受けに行ってきました。日本プライマリ・ケア連合学会が
主催する認定試験です。今回を含めて計3回の移行措置に伴う試験です。

何年か前より厚労省を中心に専門医のあり方に関して協議がなされていました。
2004年(平成16年)より新臨床研修制度が始まり、医学部を出る全ての医師は
厚労省が指定する研修指定病院での2年間の研修が義務づけられました。
そのために若い先生達が大学の医局に残らず、市中の有名研修病院に集まるように
なり、地域医療が崩壊したと言われました。
しかし、現実はそこが問題ではなかったのです。確かに若い先生(2年以内)達が
都市部で研修するようになったのですが、問題のその後の医師達の行き先が問題でした。
2年の臨床研修が終わった後は、やはり多くの人たちが専門医を目指したのでした。
例えば、循環器専門医、耳鼻科医、麻酔科医など、それぞれが興味を示す科を指向した
のでした。そうすれば、やはり地域で働こうという医師は少数派でした。国も医師会も
そんなことは関知していません。まったくの自由意志でみんなが動くのです。
予想通り、地域医療は崩壊へと進みました。新臨床研修制度が地域医療の崩壊の原因だと
いう指摘は誤りでした。やはり医師を適正に配置する仕組みが必要であると厚労省も
とうとう気づきました。
それが、厚労省の専門医のあり方の協議会で浮き彫りになったことでした。そうすると現在
行われている学会主導の専門医の養成には問題があるということになりました。
どこかの第3者機関が適正な専門医をまとめ上げる必要があるとの認識です。そして
現在、いろいろな専門医がいますが、医療に必要な専門医を決める必要があるとなりま
した。そして、足りない専門医として、地域を支えるプライマリケア医であるという
ことでした。そして19番目の専門医として「総合診療医」という専門医が創設される
ことになりました。その専門医を担うのが「プライマリ・ケア連合学会」なのです。

その専門医を増やすため、移行措置として「プライマリ・ケア認定医」試験が行われ、
受けてきました。記述試験で120分。久しぶりにドキドキして目一杯時間を使って
試験を受けてきました。発表は来年2月頃だそうです。合格したらブログで報告します。

昨日、当院4階講義室において札幌南青洲病院の合同慰霊祭が開催されました。
平成24年4月から平成25年3月まで当院で亡くなられた患者さんのご遺族に対して
案内を送付したところ、なんと68名もの方が参加されました。

毎年、ホスピス病棟では遺族会が開催され、グリーフケア(悲嘆のケア)の一環として行って
いますが、今回は初めて病院全体に広げてみました。
病院ではがん以外でも亡くなる方がいて、また必ずしもがんの方たちがみなさんホスピス病棟
で亡くなっているわけではありません。そういう方たちに病院として何とかできないかをここ
数年模索していました。当院のグリーフケア委員会を中心に準備を行い、今年初めて慰霊祭を
開催することができました。
初めての試みで、一体何人ぐらいのご遺族が参加されるのか見当もつかなく、病院の4階
講義室で開催することにしました。予想以上の方たちの参加があり、手狭な感じになってしまい
ましたが、ご遺族にとっては当院に来院したことが、一つの区切りになった人も多く、当院で
おこなった意味があったと感じました。

慰霊祭の後に茶話会を開催し、かなりのご遺族が残られ、病院のスタッフと語らう時間も持て
ご遺族だけでなく、当院のスタッフも貴重な体験が出来たと思いました。

s-IMG_1101

今後も続けていかなければと思った慰霊祭でした。

今回、11月2、3日の2日間に島根県松江市で上記の研究会が開催されました。
テーマは「いのちをつなぐ~神秘の国 出雲から考える~」。
日本死の臨床研究会はホスピス緩和ケアの領域でも最も老舗の会です。よく
日本XX学会(例えば、日本内科学会)などと、医師が集まる学会は多数あり
ますが、この会はなるべくいろいろな職種の方たちが集まり、死に臨む学術的
な研究会をやっていこうということで、学会とは呼んでいません。
現に、会員の60%は看護師の人たち、医師は25%ぐらい、その他薬剤師や
医療ソーシャルカーカー、一般の人などで構成されています。

研究会では、当院からは3演題のポスター発表があり、発表してきました。私も
「当院ホスピスのおける現状」と題して、ホスピス病棟の9年間のデータを
まとめた発表をしてきました。

出雲神話の舞台である島根ということで、出発前に古事記に伝わる出雲神話に
関して少し勉強をしていきました。
大会の中でも、基調講演が出雲の語り部である藤岡大拙さんだったり、セミナー
では鎌田東二さんの「古事記における死と現代の死」というテーマだったりと
いつもの死の臨床とは違った話が聞けたことも私にとって楽しかったことです。

神様が宿る出雲の雰囲気を感じながら、島根から帰ってきました。

2013年11月
« 10月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930