» 2012 » 2月のブログ記事

うるう年

| その他 |

今年は閏年(うるうどし)。2月が29日まであります。2月29日生まれの人は、毎年
誕生日を行うのでしょうか?それとも4年おき?そしたら年齢を全然取りませんね。
いつまで経っても幼児。そんなわけはありませんね。

さて、今月も明日が最終日。気がつけば今年も2ヶ月が過ぎました。来月は卒業
の季節ですね。
今年の冬はかなり寒かったと思いましたが、外も随分暖かくなってきましたね。
外出には帽子、マフラー、手袋が必需品でしたが、徐々に無くても大丈夫になって
きていますね。

院長室からの今朝の眺めです。朝日も6時30分には昇るようになりました。冬至から
2ヶ月。ゆっくりと春が近づいています。

2012-02-27

院内ACLSコース

| 病院関連  |

今日は土曜日ですが、病院内の職員向けにACLS(二次救命処置)コースの
勉強会を開催しました。当院は、救急車がたくさん来る病院ではなく、心肺停止の
患者さんを扱うことは少ないのですが、それでも病棟内で患者さんが急変すること
も十分あり、職員には基礎知識としてもACLSを伝える義務もあるため、毎年
開催しています。毎年年度初めにBLS(一次救命処置)コースは全職員向けに開催し、
シュミレーターの人形を使っての蘇生法はやっています。当院の職員のほとんどは
胸骨圧迫(いわゆる心臓マッサージ)とAEDを使うということは一度やっています。

今回のACLSは更に、一歩進んで病院内で急変したときの対応をみんなで学ぼうと
いう趣旨です。本当のコースは2日間ぐらいかかるのですが、エッセンスだけを伝える
勉強会を行いました。短い時間ではありましたが、シュミレーターを使いながら普段
はやったことのない気管内挿管や電気的除細動器での実習を行いました。

受講者からはもっと実技をやりたいとのお言葉を戴きました。

2月11日、12日と二日間にわたり上記の緩和ケア研修会が札幌で開催されました。
今回の主催は札幌ホスピス緩和ケアネットワーク。私もその一員としてお手伝いを
させてもらいました。場所は大通り西6丁目にある北海道医師会館。目の前では札幌
雪まつりが開催されていました。

参加者は開業医さんを中心に21名、その他看護師さんや薬剤師さんが11名の計32名
でした。ちょうど札幌ではインフルエンザが猛威をふるっていた時期でしたので、必ず
欠席者がでると思っていたのに、2日間とも一人の欠席者・遅刻者がいませんでした。
参加者みんなのモチベーションの高さを感じました。
緩和ケア研修会も全国で開催され始めてから、もう5年近くが経っております。私も
平成21年に緩和ケア研修会の指導者講習会に出てからは、幾つかの研修会に呼ばれて
お手伝いをさせてもらっています。がん診療連携拠点病院で行われる研修会には、なかなか
開業医さんたちも出ることが難しいという声があり、今回、札幌ホスピス緩和ケアネット
ワークが中心となり、企画したのでした。2月の連休中、それも札幌雪まつりの最中と
いう時期としては良くないのではと思っていましたが、開業医さんたちには連休だった
ことから逆に参加しやすかったようです。地域で患者さんをみている開業医さんたちの
緩和ケアの知識の整理にも役だったようですし、何しろ明日からの臨床に生かせるという
言葉を聞いて、とてもうれしかったでした。

貴重な連休を使っての研修会でしたが、参加者のやる気を感じ、この会をやって良かった
と思いながら、地下鉄に乗って家に帰りました。

キャンプイン

| その他 |

2月になり、日本のプロ野球は春季キャンプが始まりました。これから各球団は約1ヶ月
キャンプでじっくりとトレーニングをし、紅白戦、オープン戦を通じ実戦感覚を養い、
一軍で使える選手を見極め、そして3月30日の開幕戦へとつながっていきます。

われらが北海道日本ハムファイターズは沖縄でキャンプを行っています。今年から
ダルビッシュが抜けたのでかなりの戦力ダウンは免れないとは思いますが、若い選手が
多いので、また新しいファイターズができあがるのを楽しみにしています。
ファイターズは、若い選手をきちんと育てるのが得意なのだと思っています。若い選手を
2軍でしっかり育てて、1軍に送り込む。その流れができていると感じています。
新しい栗山監督のもと、今年も応援したくなるシーズンを送りたいと思います。
開幕戦が楽しみです。