» 2011 » 5月のブログ記事

東京は梅雨でした

| その他, 病院関連  |

週末は病院の仕事で東京出張でした。2ヶ月に1回、月末に会議のための出張が
あるのですが、3月は東日本大震災のため、キャンセルとなり今回は4ヶ月振り
の会議でした。
すでに東京は梅雨入りをしており、ぐずついた空模様でした。北海道から行ったの
でジメジメしているのではと心配したのですが、気温がまだ低かったせいか、あまり
辛くはなかったです。電力不足もあり、これからの季節が大変になることが予想
されました。一方、梅雨のない北海道はこれからはいい季節になりますね。

きのうの日曜日は比較的早く札幌に戻ってきました。東京は雨でしたが、札幌は曇り空。
気温もちょうどいい感じで、子どもが外で食べたいというので、妻におにぎりを
握ってもらい外で食べました。外で食べると食欲が出るのか、下の子どもが何度
もおにぎりのおかわりをしていました。最近は暗くなるのが19時頃なので、
外にいても明るいですね。札幌のさわやかな空気を感じた夕方のひとときでした。

昨日、札幌エルプラザホールでアフガニスタンで活躍中の中村哲先生の
講演会がありました。医療九条の会・北海道の結成5周年記念の講演会
でした。
開演は18:30からということで、ぎりぎりに会場に行ったところ受付では
すでに長蛇の列になっていて、入るときにはもしかしたら立ち見になるかも
しれませんと言われたときには焦ってしまいました。何とか無事座れましたが、
用意した座席は一杯となり、周りに追加の椅子やゴザが敷かれていました。

ペシャワール会代表の中村哲先生は、ご存知のように日本の医師で、当初は
パキスタンのペシャワールに入り、ハンセン病の治療にあたることを目的と
していました。それが今から28年前。
その後、アフガニスタンのソ連の侵攻で情勢が変わり、パキスタンの治安が
悪化したためペシャワールからは離れ拠点病院も無くなり、今はアフガニスタン
のジャララバードを拠点にしていることでした。
1999年に起こった大干ばつが地域の情勢を多く変化させたこと。ハンセン
病という一感染症を治療するのではなく、医療を行うためにはまず衛生が必要。
それには水が必要である。そうして、医療活動が水を整備すること、つまり
井戸を掘ること、それから用水路を作っていくことへとつながったこと等々。
ここでは全部紹介しきれない内容でした。
今は医者でありながら、重機を操作しながら用水路の穴を掘っていると笑って
いたことが印象的でした。

お話と会場からの質疑応答であっという間の2時間30分でした。今できること
一つ一つやっていく。そうして大きな仕事をやり遂げている。中村先生の姿勢
に学ぶことは多いと思った講演会でした。

| その他, 病院関連  |

今日は朝から雨模様。当直開けではありますが、外は雨が降り続いています。
天気予報では夕方ぐらいから晴れるのかなと思っていたのですが、午後も降り続いて
いました。
そう思っていたら、さっき突然少しの晴れ間が出来、病院の窓からはきれいな虹が。
きれいに弧を描く虹が見えました。この病院が高台の上にあり、ちょうど周りを見渡せる
場所にあるので、時々このような虹を見ることができます。

何かいいことがありそうな予感のする虹でした。

2011-05-13

平岡梅林公園の花見

| ホスピス関連 |

本日、ホスピスの患者さんたちとスタッフで平岡梅林公園の花見に行ってきました。
いつも連休明けに開花して、満開に合わせて花見に行けるといいのですが、今年は
満開にはほど遠い状況でした。白梅が一分咲きで、紅梅はまだパラパラと咲いている
のみでした。それでは、天気の方は最高に良く、とてもきれいな青空でした。

しばし青空の下、外のさわやかな空気に触れた一時でした。

母の日

| その他 |
ゴールデンウィークの真っ只中ですね。昨日、札幌ドームの日本ハム戦は最近の日ハムの
調子の良さに加え、斎藤佑樹が先発で投げると言うことで、満員でした。今年初の満員では
ないでしょうか?立ち見席が出来ていました。試合の方は、3対1で試合を優勢に進めていた
のに、6回に西武に追いつかれ3対3となり、斎藤佑樹の勝ちはなくなりました。
日本ハムには何度もサヨナラ勝ちのチャンスがありながら、結局10回規定により引き分け
となりました。満員の札幌ドームの観客は絶対勝てると思っていたのに、引き分けで終わり
少し不完全燃焼となってしまいました。

さて、来週の日曜日は母の日。みなさんは何かする予定ですか?自分のことはちょっと置いて、
子供たちにはメッセージカードを書いて、こっそりプレゼントしようと計画を話しています。
ありがとうの言葉を忘れずに。