» その他のブログ記事

盆踊り

| その他 |

8月15日は72回目の終戦記念日です。毎年、夏の高校野球の甲子園球場で正午に黙祷を捧げるのですが、
今年は雨のため中止となりました。本州はお天気が悪かったようです。
一方、北海道は曇り空ながら晴れが続いており、旧盆の恒例の盆踊りは各地で開催できたようです。

我が町内会も毎年8月15日前後に近くの公園で開催してくれています。子供が小さい頃から行っていて
またこの季節が来たなという感じでした。
こども盆踊りには、いつもお土産がもらえるのでたくさんの人が集まります。

20170815盆踊り1 20170815盆踊り2

お盆の夕暮れでした。

8月、さわやかな朝です

| その他 |

先週から子供達は夏休みに入っています。高校生は、夏期講習があり連日学校に行っています。
自分の高校生の時、こんなに勉強したのかな?と思っています。30年以上前のことでまったく
覚えていません。

毎年夏休みに入ると、短い期間なのですが町内会で子供向けに朝のラジオ体操を近くの公園で
やっています。ここ10年以上は夏の朝のラジオ体操が私の日課になっています。
さわやかな朝に青空。小さい子供から大人まで、日によって参加人数は変わりますが、30人~50人?
ぐらいは参加しているのではないかと思います。

20170803ラジオ体操の朝

都合により、あまり参加出来ない日もあるのですが、参加できるときは6時30分からラジオ体操です。

朝にラジオ体操。 そして朝礼の前にもラジオ体操。 朝から絶好調?
でも、ファイターズは絶不調・・・。

今週末も雨

| その他 |

こんにちは。ファイターズブログが続いていますが、昨日は13連敗中の巨人に負けて、ファイターズは
なんと今年3回目の6連敗!。借金も12まで膨らみました。みんな一生懸命なのですが、歯車が一つ
かみ合いません。今日も巨人戦。是非勝ってほしいです。私は、当直の病院から応援です。

病院のフェイスブックでも紹介しているように、薬局の看板に毎日のように『X月X日、何の日?』と書いて
ありますが、毎日薬局の前を通るときに、ちょっと確認するのが日課になっています。
昨日の6月9日は「ロックの日」ロックンロールの日だったようです。数字の6と9からはすぐ『ロック』と
ピンときて、私はそのとき鍵をロックすることをイメージしたのですが、1番目はロックンロールでした。
2番目が『我が家のカギを見直すロックの日』でした。このように、毎日何かの日なんですね。

今週も雨の週末になりました。仕事をしている私は雨でも大丈夫ですが、出かける人にとってはやはり晴れた
方がいいですよね。これで3週連続の週末の雨模様。でも、お天気様は私たちにコントロール出来ませんよね。

先日、NHKのクローズアップ現代+に出ていたボクシングの村田選手が話していました。ちょうどミドル級
世界王座決定戦に判定負けした直後に出演した番組でした。
あの試合に関しては色々な意見や批判がありましたが、結局試合に関して他人がどう思うかということは自分
でまったくコントロールできないと。ボクシングをやる上でコントロール出来るものは何かと考えると、1.
レフリー(審判)の判断、2.ジャッジ(採点者)の判断、3.観客の感情(試合のプレーに対して喜んで
くれるか?) このどれもが自分でまったくコントロールできないと。それじゃ、何がコントロールできるか
というと、唯一自分のプレーだと。村田選手はアドラーから学んだと言っていました。ですから、村田選手は
今後もコントロールできる自分のプレーを磨いていくと言っていたのが印象的でした。
振り返って、周囲の人の中であれこれと悩む人は、やはりコントロールできないことを何とかコントロール
しようと思ってしまうのかもしれません。
今日のような雨に対して、あれこれ悩んでも解決はありません。雨の日は雨、晴れの日は晴れ。この状況に
どのように対処していくのがいいのかという気持ちを持つことが、辛くならない方法なのかもしれません。

人に文句を言っても始まりません。自分がどう考えるか、どう思うかがで、一歩前に進めるのではないかと
考えます。(ちょっとまじめ?)

あれ、呼ばれてしましました。 それではまた。

6月になりました

| その他, ファイターズ関連 |

週末は予報通り雨でした。そういう中で何とか運動会が出来た小学校も多かったと思います。
親戚の小学校は土曜日の午前中の短縮プログラムで無事運動会を修了。お昼は、小学校の
グランドではなく各自家に帰っての昼食になったようです。妻も、そういう運動会もお弁当を作る
側からしたら楽でいいねと言っていました。でも、私は青空の下、グランドで食べるお弁当はおいしい
ので、雨には降ってほしくありません。(自分がお弁当を作るわけではないので、都合のいい
話ですが。)

今日は昨日の雨が嘘のような快晴になりました。とてもさわやかです。北海道には梅雨がない
のが嬉しいですね。本州ではこれから梅雨入りとなりますが、北海道のさらっとしたこの季節が
また好きです。

昨日は結局一日中雨が降っていたので、午後少し用事で出かけた以外はずっと家にいました。
それと、NHK BS1で北海道日本ハムファイターズ対阪神タイガースの試合を中継してくれていた
ので、途中から最後まで見ました。
交流戦の阪神戦は今年は聖地・甲子園球場。毎日4万5千人ものお客さんが入る凄い球場です。
もちろん阪神ファンが一杯の球場内にレフトスタンドにわずかにいる日本ハムファイターズファン
の声がテレビ中継越しに入ってきました。みんな頑張って応援していました。

金曜日の試合は9回に逆転勝ち。土曜日の試合は途中で逆転され、そのまま逃げ切れられ負け
ゲーム。
昨日の日曜日は、是非勝ちたい試合でした。5月はWe love Hokkaidoシリーズのユニホーム効果も
あり14勝9敗で勝ち越し。交流戦はいつも貯金ができるので、勢いをつけてほしい6月と思って
いました。
試合は、阪神タイガースが1点先行していましたが、6回に見事逆転。レアード、中田のヒットで
逆転して一気に日本ハムファイターズの流れとなりました。途中の中継ぎの投手もきっちりと
阪神打線を抑え、そして、9回裏の抑えの増井投手へ。このまま勝って札幌に帰ってくると思って
いましたが、何と3人連続の四球でノーアウト満塁。これで点が入らないわけがない。案の定、
2点取られてしまい、同点になってしましました。逆転サヨナラ負けしなかっただけでも良かった
ですが、完全に阪神のペースへ。10回は道産子の鍵谷投手がきっちりと抑えてくれましたが、
11回は新外国人のエスコバー。まだ今ひとつ評価が定まらないのですが、投げる球は悪くない
のでこのまま抑えてと祈るように見ていました。しかし、先頭打者に四球。次の打者で捕手の大野が
エラーをして1、2塁。バント失敗で1アウト1、2塁。そこでショートゴロを打たせて、やった!
ダブルプレーでこの回終了と思った瞬間に新人のセカンド石井がエラー。\(^o^)/
満塁となれば、もう阪神のサヨナラ勝ちでしょう。ヒットを打たれ、万事休すでした。
阪神ファンからすれば、9回裏で同点。そして11回でサヨナラ勝ちととても気持ちのいい勝ち
方でしょう。
逆に日本ハムファイターズファンの目からみれば、冷静に負けるべくして負けた試合です。
抑えの増井で逃げ切れず、何とか延長で踏ん張るも、大事なところでミスが出る。本当にうまく
行かない試合でした。試合後の栗山監督のコメントとして、「すべて監督の責任」と。

日本ハムファイターズのコーチの白井さんはいつも野球にミスはつきものですと言っています。
ミスをして怒られたら、その選手はさらに萎縮して次にいいプレーが出来なくなると言います。
以前のプロ野球のコーチは、ミスをした選手にカミナリを落としていたそうです。「今度ミスを
したらタダでおかないぞ!」とか「こうしたらミスをしないんだ。しっかりしろ!」だった
そうです。
でも、ミスをして一番落ち込んでいるのは、そのミスをした選手です。その選手に対してミスを
指摘することは百害あって一利なしなのだそうです。それより、そのミスを認め、それをバネに
して次にいいプレーをしようと励ましていると言うのです。
昨日の試合も、負けるターニングポイントはいくつもありました。11回のショートゴロでダブル
プレーを取っていればという”・・・したら、・・・してれば”はいくらでも言えます。
それより、このプレーをまたやるときには絶対ミスをしないような練習・心構えを身につければ
次によりいいプレーができることを教えるのが、今のコーチイングなのだそうです。
新人の石井選手のこれからがまた大事だと思いました。必ずいい選手になってくれると。

さあ、朝から札幌ドームで6連戦。応援に行きますからいいプレーを期待しています。
いつでも”頑張れファイターズ!”

ヘルメット

| その他 |

自転車通学・通勤を続けてもう何年になるんだろうと、ふと思ってしまいました。
小学校から中学校へ進級するときに、みんなが通学用の自転車を買って、ワクワクしたことを
思い出します。でも、そんな時代にはヘルメットはありませんでした。ヘルメットはバイクに
乗る人がかぶるものというイメージでした。それから何十年も自転車に乗るときはせいぜい帽子
をかぶるくらいでした。

きっかけは2013年12月に起きた元F1ドライバー・ミハエル・シューマッハのスキー事故の報道
でした。リゾート地のゲレンデでスキーを楽しんでいたところ、転倒し岩に頭をぶつけて意識
不明の重体になったという事件でした。もちろんヘルメットをしていたということでした。

一方、この私は小さい時からスキーをやっていますが、一度としてヘルメットなどかぶったこと
がない!これはまずいと思ったのが3年前。シーズン前に立ち寄った近くのスキーショップに
モデル落ちしたヘルメットが山積みされているのを見かけ、家族全員のヘルメットを揃えました。
購入当初は、こんなヘルメットをかぶってスキーをするなんて、暑くてたまらないのではと
思っていたのですが、逆に頭がとっても暖かいのです。意外!
昨シーズンは、スキー場で転倒してかなり強く頭をぶつけたことがあったのですが、そのヘル
メットが頭を守ってくれました。よかった。(それなら、スキーをしなければいいという意見も
ありますが。(^_^) )

さて、そうなると今度は、自転車運転中のヘルメットも気になるのが、この頃でした。颯爽と
走るサイクリング車にかっこいいヘルメットつけている人がいますよね。でも、ちょっとゴツい
感じがするのも確か・・・。
でも、年齢も重ねたし、以前ほどスイスイと自転車も運転できなくなったし、やはり体を守る
上でヘルメットは必要だと考え、先日購入しました。
こんなヘルメット。 ちょっと派手な感じはしますが、自分を守ることを優先しました。もちろん
事故は起こさないように。

20170527ヘルメット

今週末は、徳洲会グループの病院の一つである湘南藤沢徳洲会病院の緩和ケア研修会のファシリテーター
で出張しています。
湘南藤沢徳洲会病院は、約4年半前に茅ケ崎徳洲会総合病院が新築移転して建てられた病院です。
今回、その病院で初めての緩和ケア研修会が開催されるということで、手伝ってもらいたいとの要請があり
お手伝いに来ました。

ぐっと暑くなった関東地方は、半袖の人もチラホラと歩いている陽気でした。
湘南藤沢徳洲会病院は、辻堂駅のすぐ目の前にあり巨大なショッピングセンターに隣接した素晴らしい所に
ありました。天気がよかったので、病院の屋上からは富士山も見えました。周囲にもたくさんの住民が住んで
おり、救急車もドンドン来ていました。今は年間の救急車の受け入れ台数が1万台を超えたようです。(凄い!)
病院見学もさせてもらい、屋上からは富士山が見えました。

20170520湘南藤沢徳洲会病院 20170520富士山

緩和ケア研修会の参加者は湘南藤沢徳洲会病院所属の医師以外に地域の他病院の医師の参加もあり
ました。通常の講義形式の勉強以外にワークショップもあり、いつもの盛り沢山の内容です。今回は、
『家族のケア』という講義もありがん化学療法看護認定看護師と患者家族からの講演もあり、ファシリテー
ターという立場で教えるだけでなく、教えられる場でもありました。
定期的にこの研修会に参加することもとても大切だと感じました。

20170520緩和ケア研修会

みなさん、こんにちは。いつもご無沙汰の院長ブログです。最近はファイターズの連敗が続いており、
昨日も負けて2013年以来の9連敗。みなさん、ご存じのように2013年は栗山監督がファイターズの監督に
なった2年目で最下位に終わった年です。昨年、最大ソフトバンクに11.5ゲームの差をつけられたのに、
最終的には大逆転の優勝、そして日本一にまで上りつめ、名将・栗山監督とまで言われたのに、今年は
・・・です。でも、栗山監督は何も悪くないと思うのは私だけ? 選手が悪い? みんな一生懸命に
やっているのに何故か今年は開幕戦からうまく行っていません。神様が与えた試練なのでしょうか?
今日は、栗山監督の誕生日。10連敗阻止を祈って、応援します。

と、またファイターズブログになりましたが、今日は違う話題です。

先日、長い月日を掛けて表題の「居眠り磐音 江戸双紙」を読み終わりました。1刊から51刊まである
長編時代小説です。江戸時代の田沼意次がちょうど老中職に就いていたいわゆる『田沼時代』を中心に、
坂崎磐音(さかざきいわね)という人物を主人公にした長編小説です。第1刊の『陽炎の辻』を読み出
したら止まらない面白さです。
実はこの第1刊が発売されたのは、2002年でなんと15年も前でした。私はそんなことは全く知りません
でした。時代劇はNHKのテレビでよく見ますが、時代小説は一つも読んだことがありませんでした。
そんな私にこの「居眠り磐音」を紹介してくれたのは、あるホスピスに入院した患者さんでした。
ベッドサイドにはいつもこのシリーズの最新刊が置いてあり、手に取って読んでいました。作者は
佐伯泰英(さえきやすひで)さんという方でした。
その患者さんの会話の中で「この佐伯泰英という人は天才だよ。是非、この居眠り磐音を読んだらいい」
と言われていました。そのころのカルテに(もちろん紙カルテですが)、自分で「佐伯泰英」という名前
を書き込んだことを覚えています。

その後、何年も経ってから、いつかは読まないといけないと思っていたのですが、ブックオフに立ち寄った
ときにふとこの「居眠り磐音」のシリーズが目に止まりました。別の本を目当てに入ったのですが、その
本も一緒に買ったのがきっかけになりました。
そうして読み始めたのが、2年前の2015年2月でした。読み始めると、ぐいぐいと引き込まれました。
本当に面白い。これをいつも書き下ろしで書いている佐伯泰英さんは本当にすごい人だと思いました。

本来なら、一気に読み進めることが出来たのですが、途中には何度も別の本を読んだりして、なかなか
進みませんでした。ちょうと、知り合いの人が暇をもてあましているのを聞いて、それならこの居眠り
磐音を暇つぶしに読んだらどうですか?と貸したところ、その人とそのお母さんが一気に読み始め、
私が持っているシリーズと次々に読んでいき、あっという間に追い越されました。

それでも、ゆっくりと読み進め、先週とうとう最終刊の51巻まで読み終わりました。なんだか達成感が
ありほっとしました。江戸時代の空想の世界なのですが、涙あり、心温まる交流あり、手に汗握る戦い
ありと、本当に楽しめた時代小説でした。
この本を読んでいるときに、実は『陽炎の辻』という題名で、以前NHKで時代劇シリーズをやっていた
ことを知りました。私はなんと見逃していたのでした。悔しい!

と、絶賛するこの本。すでに読んだ人は面白さがわかっているとは思いますが、まだ読んでいない
人は是非読んでみませんか?

と、今日のブログを終えようとしたとき、ファイターズの10連敗が決まりました。今日は粘って粘って
攻撃していたのですが、初回の4点が重かったですね。
まだまだ、頑張れ日本ハムファイターズ!

春分の日

| その他 |

札幌は快晴が続いています。皆さんは3連休いかがお過ごしでしたか? 私は春分の日は病院で仕事でした。
子供にも「どうしてお休みでないの?」と聞かれましたが、仕事ですから仕方がありませんね。休みに仕事を
しているのは私だけではありませんからね。休まない人がいるからこそ成り立っている仕事もあるし、そういう
人たちがいてこそ、みんなが気持ちよく暮らせますよね。そこにちょっと目を向けるのも大切ですよね。
そもそも休みでも仕事をしているのが当たり前みたいな態度を取り始めると、違う方向に向かう気がします。

さて、一昨日は家族でスキー場に行ってきました。連休中でもあり、天気も良く、混み合うことを予想して
出かけたのですが、全然外れました。昼食時のセンターハウスも混み合うことなく、またスキー場も空いていて
(ただし広いため、みんなが分散したと思われます)、とっても楽しい一日でした。
家に帰ってお風呂に入って、さっさと寝ました。

写真は、山の上から見た羊蹄山です。洞爺湖もきれいに見えて素晴らしい日でした。(^_^)

20170319羊蹄山

札幌は快晴!

| その他 |

みなさん、こんにちは。快晴の札幌からの院長ブログです。
週末の土曜日の朝は、いきなり雪が積もっていて、ビックリ。その後は、天気がいいため
あっという間に雪が融けました。
昨日の日曜日は朝から快晴で、とてもさわやかな一日でしたね。
実は、こっそりと子供と一緒にスキーに行ってきました。何と2ヶ月ぶり。急遽スキーに
行くことになったので、カメラを持って行くのを忘れてしまい、とってもきれいな風景を
撮れませんでした。残念。
スキー場はまだコンディション良好。私の足の体力の低下を感じた次第です。

さあ、今週も頑張ろう!

寒さもピークを越え

| その他 |

みなさん、こんにちは。ご無沙汰の院長ブログです。最近は工藤看護部長のビタミンブログに押されっぱなしの
感があり、更新も遅れ気味です。
1月末には札幌でも朝マイナス12℃を記録しましたが、さっぽろ雪まつりが終わってからは、気温がぐっと上がり
雪解けも進みましたよね。我が家の庭に出来ていたイグルーのまがい物も雪解けに合わせて壊れてしまいました。
除雪された幹線道路はほとんど雪もなく、スイスイと走れますよね。
何か少しづつ春が近づいているのを感じているのは、私だけでしょうか。

2月の最後にも朝は冷え込みましたが、いよいよ明日から3月ですね。
先日、車の乗ったときに見た結晶です。車の中が冷えていた証拠ですね。

20170227雪の結晶

そして当直の朝。きれいな朝日で、ちょうど鉄塔の横から朝日が上がってきました。

20170228朝

さあ、3月も頑張りましょう。 🙂