» ホスピス関連のブログ記事

今年の標記の大会は久留米で開催されました。昨年は10月に日本死の臨床研究会年次大会を札幌で開催し、
当院が事務局となったため、大会が終わるまではどこの学会にも行く気がしませんでした。

死の臨床研究会年次大会が無事終了してホッとしたところ、パンフレットで上記大会が2月に開催される
ことを知って、参加することにしました。
大会は2月4日、5日の二日間の開催で、大会長は二ノ坂クリニック院長の二ノ坂保喜先生。以前、札幌に
講演を来てくれた先生です。大会プログラムは盛りだくさんでした。

その中でもやはり注目はマギーズ東京の秋山正子さんのお話でした。ちょうど、2週間前東京出張に際して
見学したところでもあり、その秋山さんからまとまったお話を聞けたことはとても良かったでした。

秋山さんの講演会は、『白衣を脱いで町に出よう ~マギーズ東京のこころみ~』という題目でした。
秋山さん自身の簡単な自己紹介、自分がたどった歴史などをかいつまんでお話し、その想いがマギーズ東京
につながっていきました。実際、マギーズ東京が東京の豊洲に出来ることにも、色々なドラマがあった
とは思いますが、そのマギーズ東京でやっていることがこれからはとても大切なことではないかと思いました。

我々は医療者という資格を持っています。どんなに気持ちや態度で接する人と同じ視線を合わせたとしても、
それが病院という建物中であれば、患者さんや家族は言いたいことも我慢してしまうという事実。
診察中に雑談ができますか?という問い。患者さんは、診察の待ち時間が長くなり次の患者さんが待っていれば、
言いたいことを我慢してしまいますよね。

マギーズ東京を作って、色々な人に利用してもらっているが、そこで相談を受けるスタッフはもちろん専門職
(看護師や臨床心理士など)ではあるが、病院という器の中にないことがいい。何気ない話から始まる。
雑談、身の上話、気になることなど、相談しに来た人の話をそこにいるスタッフはじっと聞いてくれる。
何かアドバイスをしてくれるのではない。話すことで、相談者が自分から答えを見つけるのを手助けしている。

当院では、緩和ケア(ホスピスケア)を提供しているというが、本当にニーズに応えているのかなと考えて
しまった。がんの終末期には、もちろん色んな問題が出るのは確かだし、そこに専門職がタッグを組んでいくのも
大切ではある。しかし、本当に困っている人を我々は助けているだろうか。そんな疑問がわいてきてしまった。

今年はは2017年。あと数年もすると多死社会は確実にやってくる。そして、若者は減って、高齢者が増え、
2040年をピークに日本は確実に人口が減っていく。そういう中で、我々医療者だけで、すべてをまかなえるとは
思えない。再びみんなで助け合って行かない限り、生老病死は支えられないのではないかと少し不安も感じる大会
でした。

ひだまりの会(その2)

| ホスピス関連 |

先週の土曜日、今年2回目のひだまりの会(ホスピス病棟の遺族会)が開催されました。今回は、
11家族19名のご家族が参加していただけました。
今回のホスピスの遺族会は、平成26年4月から平成28年3月までの2年間で当院のホスピスで亡くなられた
方のご遺族に対して開催しています。前回の9月と今回の10月の2回開催することで、できるだけ多くの方が
来ていただけるように配慮しているのと同時に、たくさんのご家族がいらっしゃると我々スタッフとゆっくり
お話ができないことが過去にあったため、年に2回開催しています。

今回もいつもと同じように暖かい時間となりました。懐かしいご家族が久しぶりに病院に来られ、担当だった
スタッフ(看護師、ソーシャルワーカー、医師達)に会うだけで、言葉にできないものがあふれます。
遺族会の中では色々な立場の方達からお話を聞きますが、なかなか亡くなった患者さんのことを忘れることが
できず、この病院の近くに向かうのも勇気が必要だったけど、今回思い切って来てよかったと言われる方。
病院に向かう道を走っていると、入院していたときのことが思い出され、なんとも言えない懐かしい感じを
感じられた方。スタッフに感謝を伝えたくて、いらっしゃった方。

毎年開催していると、このような会(遺族会)をやっているなんて素晴らしいと言っていただけるご家族が
必ずいます。外国のホスピスの要件には、ご遺族に対するグリーフケアを提供することということが
必須条件になっています。当院のグリーフケアもこの遺族会だけでは十分とは思っていませんが、少しでも
役に立つのではと思って、毎年行っています。

今回の会も最後にご家族にメッセージカードを書いてもらい、「想い出の木」に貼りました。その内容は
ホスピスのひだまりブログを参照してください。

今回のひだまりの会も終わった後には、何か幸せな気持ちになりました。また、明日から頑張ろう。

ひだまりの会

| ホスピス関連 |

先週の土曜日、当院のホスピス病棟の遺族会である「ひだまりの会」が開催されました。
今年は、11回目を数えます。
このひだまりの会の目的は、残されたご家族(遺族)のグリーフケア(悲嘆のケア)です。
ホスピス病棟で最愛の人を亡くした後、残されたご家族は、今まで通りの日常生活を送って
いかなければなりません。当院のホスピスでは、難しい病気にある患者さんとそのご家族
に、残された時間を大切にするケアを提供していますが、患者さんが亡くなった後の遺族にも
ケアを提供するのが役目と思っております。
外国では、ホスピスケアの要件の一つに、きちんとしたグリーフケア(遺族ケア)が組み込
まれているかが、必要条件となっている国があります。そういうところでは、悲嘆が強い家族
には、かならず連絡を取り、必要な場合には適切な治療にも介入するようです。

当院のホスピス病棟も、グリーフケアの一環として、このひだまりの会を毎年開催しています。
毎年、少しずつ改善しながらやっています。当初は年1回の開催にしましたが、たままた都合が
悪くて参加できなかったご家族がいるということや、また1回に来られるご家族が多くなって、
十分なお話が聞けないことがあるということで、3年前からは年2回の開催にしました。

それぞれの思いを胸にひだまりの会に参加していただきました。中には、最愛の人を亡くして
から初めて病院に来る方もいらっしゃいます。亡くなった後、当院の近くを通るだけで涙が
出てしまうという方もいらっしゃいました。そういう辛さも抱えながら、ひだまりの会に参加
することは、実はグリーフケアの一段階を超えることができたという証の時もあります。

会の中では、今の気持ちなどを聞かせてもらうことが多いのですが、必ずと言っていいほど、
この病院で最期を迎えることができて良かったという言葉を頂きます。また、お世話になった
担当医やスタッフにもう一度お礼を言いたいと言って、いらっしゃるご家族もいます。
その感謝の言葉が、逆にスタッフの励みになっていることも事実です。ご家族のグリーフケア
と同時に病院のスタッフのモチベーションを上げる会になっているという面を感じています。

今回は、会の最後に参加されたご家族にメッセージカードを書いてもらい、「想い出の木」を
作りました。
その写真は、もう一つのブログであるホスピスの「ひだまりブログ」を見てください。

今年は10月にもう一度開催の予定となっています。
また、ご報告したいと思います。

仕事納め

| ホスピス関連, 病院関連  |

今日は、当院の仕事納めです。今年は1月1日の休日救急当番病院に始まり、
7月には移転予定地の土地取得、そして10月には念願の電子カルテ稼動と
走り続けた1年でした。途中、体調を崩してしまい、休んだこともありました
が、何とかやってこれました。これも病院職員が一緒に頑張ってくれたお陰
です。また、地域のみなさんが病院を信頼して利用して頂いたお陰でもあり
ます。
また来年から頑張りますのでよろしくお願いします。

みなさん、よいお年を!

北海道の青い空

| ホスピス関連 |

冬なのに雪が降りません。路面もすっかり出てしまい、車がビュンビュンと走って
います。
今日は快晴の一日。とても高い青空が見えました。お昼過ぎに院長室からパチリ。
とっても綺麗です。

20151214青い空

ドライフラワー

| ホスピス関連 |

電子カルテが稼動して2ヶ月が過ぎました。なんとか大きなトラブルもなく経過して います。1ヶ月目は、あれこれを色々問題が出て、みんなで解決すべきこともよくあった のですが、2ヶ月目に入るとトラブルも少なくなり、徐々にスムーズになってきました。 導入にあたり、7月から病院に常駐していた電子カルテのベンダーの方たちも、 先週いっぱいで全員帰って行きました。今後の問題点はメインテナンスをやる方と相談していくことになります。

それから、電子カルテ導入から運営まで色々とアドバイスなどをやってくれたTIS(徳洲会インフォメーション システム)の方たちも帰って行きました。 その1人の女性が最後にドライフラワーのプレゼントを置いていってくれました。 素敵な花なので、ホスピス病棟で飾っています。

青いバラがとっても綺麗です。

20151127ドライフラワー

今年の日本死の臨床研究会年次大会は岐阜で開催されました。今年の大会のテーマは
『自分らしく逝くために』

20151012死の臨床

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今回は、予想を超える参加者が3000名以上集まり、会場が溢れかえっていました。
いくつか入ろうと思った会場が満杯で入れなかったものもあり、ちょっと残念でしたが、
たまたま入った会場が岐阜大学医学部の外科の教授である吉田和弘さんの講演でした。
題目は『私の死生観ー現代医学とスピリピュアリズムの融合』と少し仰々しい感じでした
が、中身は何とパラパラ漫画の鉄拳の「振り子」のことでした。
この「振り子」が昭和から平成へと時計が刻む家族の物語であると解説し、人生には
大事な5つのことがこのパラパラ漫画に込められていると話していました。それは、
1.恋愛
2.結婚
3.仕事
4.病気
5.死
であると。
自分も人生のそれぞれのステージで経験する色々なことが、その人の糧となり、そして
死へと続くということを共感した講演会でした。

翌日の昼に特別企画として”パラパラ漫画に込めた思い”という演題で、鉄拳のVTR
出演がありました。今回の大会長である西村さんと澤井さんが東京のよしもとの事務所まで
赴いて鉄拳にインタビューした内容でした。とっても素晴らしい内容で、岐阜の大会に
参加したビッグプレゼントと思いました。

来年は第40回大会で我ら札幌での大会です。当院は事務局として頑張らないといけません。
縁の下の力持ちとして大会を盛り上げたいと思っています。

ホスピス花見中止

| ホスピス関連 |

今年は、みなさんご存知のように札幌ではゴールデンウィーク中に桜は満開になるし、
平岡梅林公園の梅も満開になってしまいました。先週のゴールデンウィークの最後に
家族で平岡梅林公園に行きましたが、白梅は終了し、紅梅がわずかに残っているくらい
でした。

そして、今年のホスピスの平岡梅林公園の花見は5月13日と決めてあったのですが、
あいにく前日からの雨。かなり強い雨が降り始め、風も強くなり、13日の午前中まで
雨の予報。このまま花見を強行するより、前日に中止を決めた方がいいと判断しました。
病棟の患者さんも楽しみにしていましたが、今年は仕方がありません。
こういう年もあるんですね。

残念でした。

明けましておめでとうございます。平成27年(2015年)になりました。また新しい年を
迎えました。みなさんはどんな元旦だったでしょうか?

私はとても忙しい一日でした。実は、今年の元旦は当院が札幌市の休日救急当番病院に
割り当てられていました。2ヶ月ほど前から札幌市医師会から当番病院ですよと連絡があり、
元旦から何人もの職員も出勤しなければいけなくなり、申し訳ない気持ちでした。
これまで普通の土曜日や日曜日の休日救急当番病院は何度も割り当てられていましたが、
この元旦の当番は当院始まって以来かもしれません。

事務や検査部門の人、薬局の人、外来部門の人、医師は私を含めて2名体制で、この当番
に対応しましたが、ちょうど年末からインフルエンザが札幌地方でも大流行中で、朝の
9時の開始前からぞくぞくと患者さんが病院に来院しました。たぶん、医師会のホーム
ページや新聞などで調べていらっしゃったのでしょうが、9時前からもう診察開始と
なりました。診察を始めると、発熱患者さんがわんさかといまして、患者さんも
インフルエンザの検査を希望され、『インフルエンザA型』が出るわ出るわという感じでした。
昼食を取る時間が少しあった程度で、ほとんど診察室に座りっぱなしでした。夕方5時
までが当番病院の担当なのですが、5時受付の患者さんを診察したのが、夜の7時頃。
5時以降も何人か来院が続いたため、ようやく一息付けたのは夜の9時頃でした。
日中の職員も仕事が終わるまで帰らず、残ってくれ、またあまりにも忙しいとのことで、
担当ではなかった医師が手伝ってくれたり、病棟の看護師も少し手を貸してくれたりと、
助かりました。
この一日だけで、約140近くの方が来院されました。インフルエンザの検査をした方
は約80名、たぶん50名程度がA型陽性だったと思われます。恐るべしインフルエンザ!

とっても疲れた一日でしたが、何人かの患者さんには「こんなお正月から診察してくれて
ありがとう!」とか、肺炎で入院した患者さんは「ここに来て助かった!」と言ってもらえ
たのが幸いでした。
反省とすれば、来院された患者さんをかなり待たせてしまい、もう少し職員を手厚くいて
おけばよかったと思われました。

何にしても、無事休日救急当番病院が終わり、ほっとした元旦でした。

自転車通勤 その?

| ホスピス関連 |

先週木曜日の雪にはびっくりしました。午前中はまだ晴れ間もあったのに、
夕方からチラチラと雪が降り始めました。病院を出るときはまだ路面にうっすら
雪が積もる程度だったのに、バスに乗って家の近くの停留所で降りるときには
もうかなり雪が積もっていました。
完全に読み(まだ雪が積もるには1週間は大丈夫という予想)は大ハズレ。
慌てて家に戻って、自宅前で子供に手伝ってもらい車のタイヤ交換をしました。

これで、今年の自転車通勤も終わりだなあと思っていましたが、日曜日から
天気は回復。気温の上昇もあって雪が融けてきました。

そして今日、久しぶりの自転車通勤となりました。朝はいい天気だったので
気温がぐっと下がっていましたが、路面は快適な状態での出勤でした。

来週も自転車通勤できそうな気がしますが、どうでしょうか?