倫理委員会

当院では、患者様又は患者様の情報を用いた医学的研究を行おうとする場合、あるいは医療行為を行う場合で倫理面での検討が必要なときは、院内に設置した倫理委員会で審査を行っています。

倫理委員会委員名簿

氏名 職種名
委員長 山口 文信 呼吸器内科部長
副委員長 名越 康晴 医師
委員 工藤 昭子 看護部長
下澤 一元 事務長
菅野 眞弓 師長
高舘 修 薬局長
佐藤 伸一 総務課長補佐
下倉 賢士 MSW主任
外部委員 堀井 泰明 天使大学准教授

Topへ戻る

 

倫理委員会規程<趣旨>

第1条(目的)

この規定は、札幌医療生活協同組合の職員等が行う、人を対象とした医学的研究および医療行為(以下「研究等」という)について審査を行い、ヘルシンキ宣言に基づく医学研究の倫理的原則およびリスボン宣言に基づく患者の権利擁護の趣旨に沿った、倫理的な配慮を図ることを目的とする。

第2条(委員会の設置)

前条の目的達成のため、病院長(以下「院長」という)の諮問機関として、当院に倫理委員会(以下「委員会」という)を置く。

第3条(職員等の定義)

この規定の適用を受ける職員等とは次に掲げる者を指し、それらが当院内で行う研究等がこの対象となる。
(1)当院の正職員
(2)当院のレジデント及びその他の非常勤職員
(3)当院の併任職員
(4)当院が招聘した者
(5)当院で研修あるいは研究するもの

第4条(委員会の組織)

委員会は、院長の委嘱により、以下に掲げる者をもって構成する。医師2名、看護部長、看護部1名、副診療部1名、事務2名、MSW1名、庶務1名、及び当院外のもので医療分野以外の学識経験者若干名とする。

第5条(委員会の審査理念)

委員会は、審査にあたり、第1条の目的を踏まえて、特に次に掲げる点に留意しなければならない。
(1)研究等の対象となる個人への人権擁護
(2)対象となる個人への利益、不利益及び危険性
(3)医学的貢献の予測
(4)対象となる個人及び親権者に同意を得る方法

第6条(委員会の開催及び議事)

委員会は、委員の3分の2以上が出席し、かつ第4条第1項の院外委員の出席がなければ開くことができない。
2 委員会は申請者に出席を求め、申請内容の説明及び意見を聞くことができる。ただし、申請者が委員である場合には、委員会の審議に参加することはできない。
3 審議事項についての判断は、出席委員全員の合意を原則とする。ただし、委員長が必要と認める場合は、3分の2以上の委員の合意をもって判定することができる。
4 判定は次の各号に掲げる表示により行う。
(1)承認
(2)条件付承認
(3)不承認
(4)変更勧告(要再申請)
(5)非該当
5 審議経過及び判定については記録として保存し、その要旨は原則として公開される。

第7条(審査の対象)

審査の対象となるのは、従来の臨床医学上一般に承認されているもの以外の研究等で、委員会においてその是非の判断を要すると考えられるものとする。
2 前項に掲げる事項以外に、輸血、末期患者の治療、告知等の臨床現場で解決困難な重大な課題に関して検討する。
3 当委員会は前項にかかわる所掌事項の検討の機関であって決定機関ではない。

第8条(申請手続き及び審査結果の答申)

審査を申請しようとする者は、倫理審査申請書(様式1)に必要事項を記入し、研究等を開始する前に院長に提出しなければならない。
2 院長は上記申請に対し、諮問の必要があるときは、速やかに委員会に諮るものとする。
3 ただし、軽微な研究計画変更や緊急の場合で、かつ審査結果があらかじめ明確に推定できると院長が委員長の意見を聞いて判断するものについては、この限りではない。この場合、委員長は次回の委員会にその判定結果を報告するものとする。
4 委員長は審査終了後、速やかに審査の判定結果を院長に答申しなければならない。
5 院長は委員会の判定を、審査結果通知書(様式2)を持って申請者に速やかに通知しなければならない。
6 院長または委員長は、第7条第2項の規定に基づき審査の対象とした研究等について、申請書の提出を勧告するものとする。

第9条(守秘義務)

委員会の委員は、審査を行う上で知りえた個人に関する情報を、法令または裁判所の命令に基づく場合など正当な理由なしに漏らしてはならない。委員を退いた後も同様とする。

第10条(庶務)

倫理委員会の庶務は、審議の記録を含めて医療秘書が行う。

第11条(補足)

この規定に定めるものの他、この規定の実施に当たり必要な事項は、委員会が別に定めることができる。

第12条(規定の変更)

この規定の変更は、委員の3分の2以上の賛成を持って可とする。

(附則)
この規程は平成  16 年 4 月から施行する。

平成23年12月1日 改訂
平成24年6月5日  審査の対象追加
平成26年1月20日 役員改訂 第4条改訂 第7条改訂

 

Topへ戻る

 

包括同意

札幌医療生活協同組合では、人を対象として職員が行う医学の研究が、ヘルシンキ宣言の趣旨に沿って、しかるべき倫理的配慮が図られているか否かについて厳正な審査を行っています。この目的遂行のため院内に倫理審査委員会を置き、外部の委員(大学教授)にも参画していただき、診療により発生した試料や人及び人由来の試料を対象とする医学の研究に関し、試験計画、研究論文等について倫理的科学的妥当性等を審査しています。 これらの研究で用いられる試料等の取扱いについては、倫理審査委員会により、個人情報の取り扱い、研究実施機関名(責任者名)、利用目的の妥当性について厳正に審査していますが、特に試料等の提供者(または代諾者等)の十分な理解が得られるよう必要な事項を記載した文書を交付して説明を行い文書で同意いただくことを原則としております。
それ以外にも、手術等により得られた組織等を、将来何らかの研究に利用することについて同意(包括同意)をお願いしております。包括同意をいただいた試料等については、提供者または代諾者等に対しその都度お断りをしておりませんが、倫理審査委員会での審査を経て研究に利用させていただくことにしております。

 

Topへ戻る

 

Topへ戻る

Topへ戻る

臨床研究に関する情報

臨床研究に関する情報

当院では以下の臨床研究を実施しております。このような研究は、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。

 

【研究課題】グリコアルブミン/HbA1c比とBarthel Indexの相関

【研究機関】札幌南青洲病院 透析センター

【研究責任者】真野 勉(札幌南青洲病院 副院長 腎臓内科)

【研究の目的】グリコアルブミンとHbA1cの乖離がADLと相関するかを検証する。

【研究の方法】H24年当院維持血液透析患者様のグリコアルブミン/HbA1c比とBarthel Indexの相関関係を統計処理する。

≪患者情報の取り扱い≫

利用する情報から統計処理をしたデータの公表なので、個人の特定は不可能でプライバシーの侵害の懸念はない。

研究成果は平成276月日本透析学会学術総会で発表予定であるが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しない。

 

 

『問い合わせ先』

札幌市清田区里塚12丁目1-20

札幌南青洲病院 透析センター 担当医師 真野 勉

電話011-833-0602  FAX011-883-0642

Topへ戻る

臨床研究に関する情報

臨床研究に関する情報

当院では以下の臨床研究を実施しております。このような研究は、厚生労働省の「臨床研究に関する倫理指針」の規定により、対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得るのではなく、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。

 

【研究課題】維持血液透析における骨粗鬆症評価への椎体CT値利用

【研究機関】札幌南青洲病院 透析センター

【研究責任者】真野 勉(札幌南青洲病院 副院長 腎臓内科)

【研究の目的】維持滑液透析の重要な合併症としてのCKD-MBDと密接な関係にある骨粗鬆症の評価において、従来の中手骨レントゲン法と椎体CT値法との関連性を調べ、j患者負担怪訝、経済性向上を図る。

【研究の方法】中手骨レントゲン法での骨密度と、腎細胞感検索目的で測定する年1回の腹部CTに含まれる椎体のCT値を比較し、その関連性を検証する。

【対象者】平成23年以降に在籍され、骨密度と腹部CTを測定された党員維持透析患者様。

≪患者情報の取り扱い≫

利用する情報から統計処理をしたデータの公表なので、個人の特定は不可能でプライバシーの侵害の懸念はない。

研究成果は平成296月日本透析学会学術総会で発表予定であるが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しない。

 

『問い合わせ先』

札幌市清田区里塚12丁目1-20

札幌南青洲病院 透析センター 担当医師 真野 勉

電話011-833-0602  FAX011-883-0642

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2013-2016 札幌医療生活協同組合 札幌南青洲病院 All Rights Reserved.Produceds by B-faith.lnc