院長あいさつ

院長

 

札幌医療生活協同組合 札幌南青洲病院
院長 四十坊克也

当院は平成8年より徳洲会グループの一員となり、札幌南青洲病院となりました。平成134月に現理事長である前野宏先生が院長として赴任し、現在の内科診療と緩和ケアを中心とした医療に方向転換をしました。平成1512月には緩和ケア病棟(ホスピスセンター)が完成し、平成194月には緩和ケア病棟および透析室の増改築も行い、当院の基盤を強化してきました。昨年で緩和ケア病棟は開設10周年を迎えました。これまで1500名以上もの患者さんが利用されました。これも地域のみなさんに支えられたお陰と思っております。現在は一般病棟70床、緩和ケア病棟18床、透析センター17床が当院の中心となっております。

当院の二本柱の一つである内科診療では、患者さん一人一人のニーズにあわせて、外来通院、入院治療を通して、地域におけるプライマリーケアを提供しております。またもう一つの柱である緩和ケアでは、がんの終末期にある患者さんに対してチーム医療による心のこもった最善の医療を提供しております。また、近年は在宅でがん終末期を迎える方が増えています。当院の在宅グループであるホームケアクリニック札幌と連携をしながら、患者さんが望む環境での緩和ケアを提供していきたいと思っております。今年からは当院からの在宅診療も強化していく予定です。

 地域の人々に信頼され、頼られる病院となるべく職員一同頑張りますので今後ともよろしくお願いします。

 

20144

 

Copyright© 2013-2016 札幌医療生活協同組合 札幌南青洲病院 All Rights Reserved.Produceds by B-faith.lnc